小樽運河
小樽運河

 小樽は港町であるためボート(昔は端艇とよんでいた)が持ち込まれたのは古く、1896年(明治29年)には第1回北海道端艇競漕大会が開催され優勝旗の争奪戦が行われたと伝えられている。

 当時小樽のボート界は、日本郵船、北海道炭礦汽船、各銀行、商店連盟等のクラブがあり覇を競っていた。

 1920年(大正9年)に日本漕艇協会が設立されたが翌年には小樽漕艇協会が設立された。2020年に100周年を迎える。


新着情報